logo_w
beaver builder resources

How to Beaver

logo_w

他にも同じようなプラグインはあるのになぜビーバービルダーを選んだか?

ビーバービルダーのようなドラッグアンドドロップのシステムって結構ありますよね〜
そのようなシステムですが、ページビルダー(Page Builder)って一般的にいいます。

そんなページビルダーのシステムですが、Wordpress以外にもたくさんあります。

私達もクライアンに向けてどのようなシステムがいいのか相当触ってみました。

最終的にビーバービルダーを選んだ理由ですが、

 

  1. ノンコーディングで作成する(これは当たり前!)
  2. ドラッグアンドドロップ(ページビルダー)を使ってもサイト表示があまり重くならない!
  3. スマホなどでもキチンと表示できるシステムが揃っている!
  4. システムが随時更新している!
  5. もし、ページビルダーのシステムを外したとしても、表示を調整できる!
  6. SEO対策がキッチリできる!
  7. 追加システムや他のプラグインと相性がいい!
  8. なによりデザインを忠実に再現できる!
  9. サイト調整の柔軟性がある!
  10. 他のサイトへページビルダーで作ったパーツをエクスポートとインポートができる!

 

 

他にもたくさんありますが、このトップテンが私たちにとってはとても大切でした。

クライアントによって必要なシステムはバラバラで、

「ああ〜 このシステムがいるんだよな〜」

とか

「このシステム作るのに時間がかかるな〜」
「レスポンシブにするには、このシステムの調整が必要。。。。」

などなど

限られた時間と予算でクラアンとの要望を叶えながら、売れるサイトのためのデザインとシステムを構築するには、制作するベースを決めて、効率を上げる必要があります。

そのために、ネットショップなどの場合は違いますが、私たちの制作ベースはWordpressを中心に制作しようと決めて制作するためのベースで悩むことはやめて、効率を上げました。

更に!プラグインや動的なサイトを作るためにJQueryの開発など開発にかかる時間を短縮することで制作単価を落とし、なおかつ制作スピードを上げて納期短縮する。

より良い提案と、クライアントが満足するコスト、納期を実現するために最終的に辿りついたのがページビルダーでした!!

そこから更に、いろんなページビルダーのシステムを使ってみて、
私達の制作スタイルにドンピシャ当たったのが「ビーバービルダー」だったんです!!!

私達の制作スタイルは、クライアントの要望を聞いて形をつくるのは当たり前ですが、
レスポンシブサイト(同じページでPCからスマホまで対応)で構築することを前提としていて、伝えたい内容を素早く発信できるために、ブログシステムを必須としています。

また、コンテンツ(サイトの内容)をしっかりとした文章と魅力ある写真や動画を中心とした構成とデザインで作り上げる事を大切にしています。

ですので、サイト制作前の打ち合わせなどに時間をしっかりかけます。そのために、納期が長くなることが最大の悩みで、更新なども少しでも早くやりたいのですが、どうしても時間がかかっていました。

そのような悩みを解決すべく導入したページビルダーですが、最初は難しかったんです。

 

5年かかってやっと形になりました

ページビルダーでのサイト制作は覚悟がいる!

今までの制作スタイルからページビルダーを導入しての制作スタイルに変更するには本当に時間がかかりました。導入当初から様々な問題があったのですが、

  • ページビルダーを導入したが、使い勝手がわるくむしろ調整に手間取った
  • サイト表示スピードが遅くなり、使い物にならないサイトもあった
  • 細かい調整にCSSを別に書いていて、制作後の更新に手間が増えた
  • 使いたい機能が当時使っていたページビルダーになくて、結局システムを作った
  • デザインを反映できずダサくなった
  • ページビルダーを使ったことがある外注先がなく、全て内製になり仕事が大変になった

などなど、通常のサイト制作はできるのですが、ページビルダーの特性を活かしきれておらず、大変な思いをしました。

特にCSSを使ったコーディングに慣れている人間にとっては、自分で書いたほうが早いし、コードもきれいになるしで導入は最低限でいい!ってどうしても心のドコかでは思っていたんです。

更に、納期を守る為に外部の制作会社にもお願いをしていたのですが、ページビルダーを使ったことがない所がほとんどなので、すべて自分たちでやらないといけない。。。。

納期はあるのに、きれいな表示ができるコーディングがなかなかうまくいかない。。。

でも、ページビルダー導入は諦めたくない。。。。

行き着いた結論は、

通常のコーディングを出来るだけやらない!

ページビルダーのシステムを一から探し直す!

の2点でした!

しかしまあそれからが大変!!

デザインをインターネット上で表示できるようにするための作業をコーディングと言って、
その作業を行う人をコーダーというのですが、コーダー(私もその一人です)にページビルダーを理解してもらって、最大限に活かしてサイト制作を行うことが最大の難関だったんです!

コーダーは如何にきれいなコードを書いて、安定したシステムと表示を行うためのコーディングを行う事が絶対条件です。

きれいなコーディングは、もうほれぼれです!

職人の世界なので、コーダーにとってみれば、ページビルダーはどうしても手書きのコードと比べるといらないコードが多く、社内でも反対意見が結構上がりました。

でも、クライアントも簡単にサイトが触れるドラッグアンドドロップのシステムはどうしても導入を行いたいし、サイトが重くなることも改善しないといけない。。。

それはもう、ビーバービルダーに出会う前は、ページビルダーとの戦いでした。

 

 

出会って3年

ビーバービルダーで自在にサイトを作れるように!

コーダーも納得ができて、細かい設定ができて、いろんな機能が追加できる!

ページビルダーを探し回っていた私たちにとって、ビーバービルダーは夢のようでした!!

アドオンも豊富なので、使いたい機能もあるし、コーディングをCSSで追記しなくてもかなりきれいなデザインを作成することができる!

後は他に浮気せずに、とことんまで追求する!

それから3年。。。。

制作環境が全く変わりました!

今までの制作工程を変えるまでに1年半。
デザインを先にすべて、コーディングを行うやり方から、
デザインとサイト制作を同時に行うためにテストサイトを使ってのやり方への変更。

それから、デザインのベースを作った後は、サイト上でデザインを作り上げて行く形へ1年半。

やっと思い描いたサイト制作ができるようになりました!!!

長かった〜

けど、作り上げて良かった〜

私たちは、ビジネスとして日本で一番ビーバービルダーを使っている会社だと思っています!
どのようにサイト表示を早くして、検索に上がるようにしてなどなど、ページビルダーと向き合って来た5年間は私たちにとって大きな糧になりました。

制作スピードは2倍!

制作コストも抑える事ができるようになって、さらに利益率も向上しました!

ここからは、他のサイト制作社とのやり取りをどのように行うかです!

納期を短縮して、クライアントが少しでも早く情報発信を行えるようにするためには、ここからが本番です!

多くの方にビーバービルダーの楽しさを伝えれるように頑張ります!

 

 

コメントを残す





このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください